暑い日が続きますねぇ・・・

葛城でございます。

レイアウトスタンド2号機。
安定していて特に不満もないのですが、1つ気になることが・・・

レイアウトを設置する時、部屋の端ギリギリにレイアウトを立て、
そこからゆっくりと寝かしていくわけですが、
なぜかレイアウトを立てた向かい側の襖に背中を押し付ける様な形に・・・

部屋の広さに対してギリギリのサイズにはしていなかったのですが・・・

と言いましても実はぜんぜん気にしてなかったのですが
ある時ふと気になりましてちょっと考えますた。

すぐに原因は判明。といいますか2号機の特性と言った方が正解かも。

ashi

立っている状態の脚を切り取って貼ってみました。下手ですんません。

ちなみに写真右側に襖があります。
レイアウトを寝かせていくと矢印の方向に脚が移動していくわけです。

そう脚の長さ分、襖側にずれた状態になります。このずれが原因です。
この特性を取り除こうと考えたのが


3gouki

この3号機。レイアウトに取り付け1回寝かして、そして起こしてみる。
すぐに理解する。「これは危ない」と。

そしてすぐに4号機の設計を始める。
4号機が出来るまでは細心の注意を払って3号機を使うことにしました。
4号機は3号機の改良版になるので他に不具合が無いか確認のために。

細心の注意を払っていましたが
1度レイアウト倒れてきて潰されそうになりますた(^^;

ほんとにあぶなかったっす(汗)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村